01_02_edited.jpg

 2021年1月22日から3日にかけて日刊大衆で掲載された、一般社団法人焼き餃子協会の代表理事を務めていらっしゃる小野寺力さんとの餃子にまつわる対談。

 いかにして小野寺さんは餃子の魅力にとりつかれたのか。餃子番長は小説『焼餃子』をどのように読んだのか。

※この記事は日刊大衆の許可を得て転載したものになります。

第一回ゲスト 小説家・額賀澪さん

 額賀さんの最新作『沖晴くんの涙を殺して』と

蜂須賀敬明の最新作『焼餃子』の発売日が一ヶ月違いだったことから生まれた特別対談。

 感情を失った主人公・沖晴くんはいかにして生まれ、東日本大震災をテーマにするにあたって額賀さんが考え、表現したかったこととは。

R0001019_edited_edited.png
91rV3p7ELjL.jpg

聞き手 マヨコーンタナカ

 最新作『焼餃子』はどのような経緯で書かれることとなったのか。企画段階から制作を見てきたインタビュアーが聞く執筆後記。